'; ?> 検索結果: Atelier

Atelierで“くらしのこよみ”タグの付いているブログ記事

2012年12月17日

くらしのこよみの更新:今日から二十四節気、大雪 三候、鱖魚群(さけのうおむらがる)


 今日から大雪の三候、鱖魚群(さけのうおむらがる)となった。この「さけ」という漢字は、音読みでは「ケイ」と読むようだが、Google 日本語入力はもちろんのことMicrosoft IMEでもでてこない。IME パッドの漢字一覧の魚偏でようやく見つけることができた。
 北海道・東北では、鮭の遡上は見られるのだろうが、関西に住んでいると縁はない。
 ブログ右カラムの一番下にあるくらしのこよみを更新した。
なお、今回でスマホの「くらしのこよみ」の転載はやめることにした。単なる面白いコンテンツの紹介のつもりであったが、著作権に問題がありそうである。引用もともきっちりと表示しているが。

2012年12月12日

くらしのこよみの更新:今日から二十四節気、大雪 次候、熊蟄穴(くまあなにこもる)


 今日から大雪の次候、熊蟄穴(くまあなにこもる)となった。北海道・東北は言うまでもなく、北陸・山陰でも大雪になっているらしい。そういえば、熊が市街地に出てきたというニュースは聞かなくなった。
 14日は赤穂でも義士祭があるようだ。  
 ブログ右カラムの一番下にあるくらしのこよみを更新した。

2012年12月 7日

くらしのこよみの更新:今日から二十四節気、大雪 一候、閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)


 今日から大雪。その言葉通り、今朝は寒かった。空は快晴に近く晴れていたが。
   東北・北海道では、大雪だったようだ。

 ブログ右カラムの一番下にあるくらしのこよみを更新した。

2012年12月 2日

くらしのこよみの更新:二十四節気、小雪 三候、橘始黄(たちばなはじめてきばむ)


 12月2日、二十四節気の小雪の第三候橘始黄(たちばなはじめてきばむ)(七十二候の第六十候)の5日間になった。
   この橘とは、ヤマトタチバナのことらしく、普段にはめったに見ることができないようだ。一般の柑橘類は、とうに黄色くなっている。今年も、契約したみかんの木の収穫は、11月の連休の最初の日(23日)に済ませた。今年は、小さな木を契約したので、スーパーの買物カゴに一杯程度しか採れなかった。取り立てのみかんの皮は剥きにくいが、甘いみかんだった。

 ブログ右カラムの一番下にあるくらしのこよみを更新した。

2012年11月28日

くらしのこよみの更新:二十四節気、小雪 次候、朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)


 11月27日、二十四節気の小雪の第二候朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)(七十二候の第五十九候)の5日間になった。  
 山小屋の最終の冬支度に訪れた氷ノ山の麓は、うっすらと雪化粧となり、樹々には申し訳程度の木の葉がつていた。
D7K_5046.JPG


 ブログ右カラムの一番下にあるくらしのこよみを更新した。

2012年11月22日

くらしのこよみの更新:二十四節気、小雪 一候、虹蔵不見(にじかくれてみえず)


 もうすぐ、12月である。本日から、二十四節気の小雪となった。第一候虹蔵不見(にじかくれてみえず)(七十二候の第五十八候)の5日間になった。 くらしのこよみにも、季節の楽しみとして、神農祭(11月22日)が取り上げられている。現役時代の仕事は大阪の製薬企業に勤めていたので、妙に懐かしい。そういえば、小雪が降ったこともあったように思う。みんながコートを着だすのもこの頃だ。

 ブログ右カラムの一番下にあるくらしのこよみを更新した。

2012年11月17日

くらしのこよみの更新:二十四節気、立冬 三候、金盞咲(きんせんかさく)


 日が経つのは早い。本日から、二十四節気の立冬は、三候金盞咲(きんせんかさく)(七十二候の第五十七候)の5日間になった。ここでの金盞花かというのは、どうやら水仙のことらしい。でも、このあたりで、水仙が咲いているのは見たことがない。正月の花らしいから、もう少し後のことだろう。やっぱり、七十二候は、実際より先の季節を示唆しているようだ。
 ブログ右カラムの一番下にあるくらしのこよみを更新した。

2012年11月 7日

くらしのこよみ更新:二十四節気:立冬、七十二候の五十五侯:山茶始開(つばきはじめてひらく)


 毎年のような寒さはないが、今日から二十四節気は立冬となった。七十二候は、五十五候の 山茶始開(つばきはじめてひらく)の5日間になった。山茶花と書いて、つばきと読むらしい。 
 ブログ右カラムの一番下にあるくらしのこよみを更新した。

2012年11月 3日

くらしのこよみ更新:二十四節気:霜降、七十二候の五十四侯:楓蔦黄(もみじつたきばむ)


 まだ、霜は降りないが、二十四節気 霜降も末候の楓蔦黄(もみじつたきばむ)の5日間になった。 ブログ右カラムの一番下にあるくらしのこよみを更新した。

 再び訪れた氷ノ山の標高1000M以上では、下のような写真のように紅葉の真っ盛りであるが、泉北ニュータウンあたりでは楓や蔦の紅葉は少し時間がかかるようだ。
 いったい、この二十四節気七十二候の季節とぴったり合っているのはどの地方だろうか。長野県あたりではないかと思っているのだが。

標高1100m 氷ノ山大段ケ平の紅葉(2012/11/1)
氷ノ山大段ケ平から雲のかかった頂上を望む;クリックすると大きな写真になります 氷ノ山大段ケ平近くのブナ林にて;クリックすると大きな写真になります
氷ノ山大段ケ平から雲のかかった頂上を望む
氷ノ山頂上付近は翌朝初冠雪をした。
2012/11/1
氷ノ山大段ケ平近くのブナ林にて
このあたりは、黄葉が多く赤く染まる樹は少ない。
2012/11/1

2012年10月23日

くらしのこよみ更新:二十四節気:霜降、七十二候の五十ニ侯:霜始降(しもはじめてふる)

 
 やっぱり温暖化が進んでいるのだろうか。昔は、こんな時期に霜が初めて降るほど寒かったに違いない。

 ブログ右カラムの一番下にあるくらしのこよみを更新した。

それでも、焼酎は水割りよりも、お湯割りが良くなってきた。

2012年9月22日

くらしのこよみ:今日から秋分

 
 今日は秋分の日である。二十四節気では、今日から秋分が始まり、七十二候では雷乃收声(かみなりすなわちこえおさむ)が始まる。確かに、雷は聞こえなくなった。
 右フレーム最下部の【くらしのこよみ】を更新した。

2012年9月17日

二十四節気:白露、 七十二候:玄鳥去(つばめさる)


 右フレーム最下部の二十四節気 七十二候を更新した。次の二十四節気秋分(9月22日)までの5日間を【玄鳥去(つばめさる)】というらしい。確かに、ツバメはもう飛んでいない。南の方へ飛び去ったらしい。

2012年9月13日

二十四節気七十二候:今日から白露:鶺鴒鳴(せきれいなく)

 日中は相変わらず暑いが、朝夕はそれでも秋の気配を感じるようになった。
 本日9月12日から9月16日までの5日間、二十四節気七十二候は、白露ー鶺鴒鳴(せきれいなく)となった。
 これの解説が綺麗な写真やイラストつきで、スマートフォンのアプリ【くらしのこよみ】として、【うつくしいくらしかた研究所】が制作して無料で提供されている。
 ほぼ5日ごとに更新される、この画面をスマートフォンのキャプチャーで切り取って、Photoshopでつなぎあわせた画像を、当ブログの右フレーム最下部に収載している。
 少々、timeconsuming な作業だが、季節感が感じられるので、楽しみながら行なっている。
 ところで、第44候の表紙であるツメナガセキレイには、私はまだ遭遇したことがない。世界に広く分布する鳥だそうだが、日本では渡りの時期にみられるとのことだ。