Top > NATURE> 梅一輪一輪ほどの

2006年2月11日

梅一輪一輪ほどの

 厳しいこの冬もようやく春に向けて動き出したようだ。和室の前の小さな白梅が、花をつけた。「梅一輪一輪ほどの暖かさ」とは誰の句だったでしょうか。まだまだ寒いものの日差しに暖かさを感じるようになった。
 誰の句か分からないまま文を終えるのも嫌なので、Googleで調べてみると 服部嵐雪さんの作品ということが分かりった。インターネットってほんとに便利です。
 今年も梅の実を沢山つけてくれるでしょうか。昨年仕込んだ梅酒はそろそろ飲み頃のはずです。
(NikonD70 F10.0 1/100)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://n-shuhei.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/637

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)
 MovableType または TypeKey のサインインができない方には、「匿名でコメントする」をクリックください。スパム・コメントを防止するためにコメント入力欄の下のCaptcha:画像で表示されている文字入力をお願いしています。
 できれば、MovableType または TypeKey の登録をしていただければ、Captcha:画像で表示されている文字入力の必要はありません。
MovableType のアカウントの取得は、下のサインインの文字をクリックするとでる画面で「サインイン画面のアカウントがないときはサインアップしてください。」のサインアップをクリックすれば登録画面が表示されます。「ウェブサイトURL」には、http://n-shuhei.net/atelier/ と入力ください。
 また、TypeKey は、 TypeKey サインインをクリックし新規登録ボタンから無料で取得できます。取得された TypeKey で他の多くのブログにコメントができます。)