Top > Life> 隠居、エビのてんぷらに挑戦!

2007年1月12日

隠居、エビのてんぷらに挑戦!

 東京での一人料理では油を使うことは億劫だから、天ぷらを自ら揚げることはなしに3年弱を過ごした。風邪で臥せっている家内が、前に買ったエビが冷凍にしてあるから、これを解凍して「天ぷら」をしたらどうかと言うので挑戦してみることにした。Webで「天ぷらの揚げ方」をサーチしてみるとエビは160℃で揚げるとある。家内が天ぷらをするとき、温度計を使っているのなんか見たことはない。再び、サーチしてみるとそのようなページはいっぱいヒットする。その中で ”ビバシおばあちゃんの基本レッスン” というページに次のような(温度の見分け方)があった。
衣を箸に少量つけて、熱して揚げ油の中に落とし、 底まで沈んでから浮き上がってくるのが約160℃、
中ほどまで沈んですぐ浮き上がってくるのが約170℃、
表面ですぐに散るのが約180℃というのが、目安となりますよ。

 準備をしかけるとそれでも気になるのか、咳をしながら横から口ばかりでなく手も出してきた。エビの殻を剥くこと、腹側に包丁をいれることから教えてもらった。料理屋でもあるまいし、背わたなどは取る必要がないんだそうだ。衣は市販の天ぷら粉で美味しんだそうだ。何十年もやっていると手を抜くところを心得ている。温度の見分け方は同じであったが、肝心の適切な温度が違う。家内は底まで沈んでから浮き上がってくるのは約180℃といい、その温度がエビの天ぷらにはいいんだそうだ。Webでも適切な温度はまちまちである。実際に測っていないので、どちらが正解か分からない。まあ、タンパク質系のものは高温で手早く、野菜系は低温で時間をかけてという点は、Webでの記載と家内も一致している。揚がったかどうかは、油の表面に浮き上がってくるかどうかでだいたい目安がつくそうだ。
 てんぷらは好きなので、具を変えてまた挑戦してみたいと思っている。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://n-shuhei.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/1289

コメント

感激です。
私の料理のリクエストにしっかりと答えて頂いて。
ほんとに、何でも一所懸命されるんですね。
改めて、感心、いや感動しています。
やっぱり、ご隠居さんは私の目標です。

>NWさん
頻回訪問ありがとうございます。
家内の風邪も治ったようですが、3度の食事が大変という小言は減らないでしょうから、これからも度々「隠居、厨房に入る」ことになるでしょう。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)
 MovableType または TypeKey のサインインができない方には、「匿名でコメントする」をクリックください。スパム・コメントを防止するためにコメント入力欄の下のCaptcha:画像で表示されている文字入力をお願いしています。
 できれば、MovableType または TypeKey の登録をしていただければ、Captcha:画像で表示されている文字入力の必要はありません。
MovableType のアカウントの取得は、下のサインインの文字をクリックするとでる画面で「サインイン画面のアカウントがないときはサインアップしてください。」のサインアップをクリックすれば登録画面が表示されます。「ウェブサイトURL」には、http://n-shuhei.net/atelier/ と入力ください。
 また、TypeKey は、 TypeKey サインインをクリックし新規登録ボタンから無料で取得できます。取得された TypeKey で他の多くのブログにコメントができます。)