Top > Life> 隠居、ミルキークィーンを食す

2007年3月 8日

隠居、ミルキークィーンを食す

 某ML仲間の間で”ミルキークィーン”が話題になった。恥ずかしながら、それが米の品種の名前であることを知らなかった。皆さん、美味しいという。我が家も米には結構うるさいが、”魚沼産こしひかり”が一番美味しいと信じてきた。
 先日、泉北高島屋への買い物にアッシーをして、食料品売り場につきあった。何か美味しそうなないかとウロウロしていると有名品種の玄米を透明の円筒形容器に入れて売っている。ひょっとみると福島産の”ミルキークィーン”が端っこの円筒容器に残り少なく並んでいた。一度食したいと思っていたので、山の神にお願いして1KG(6合ぐらいらしい)だけ買ってもらった。その場で精米をしてくれて、洒落た茶袋に入れてくれる。1KG643円で、いつも買う安売り酒屋の”魚沼産こしひかり”より高い。が、その売り場の”魚沼産こしひかり”玄米は、1KG680円くらいだったので無茶高いわけではない。売り場の女性の話では、”ミルキークィーン”は人気が高くすぐに売り切れるそうである。
 昨日、売り場の女性が教えてくれたように水を少なめに炊いてくれたので食した。コシヒカリに比べれば、みんなが言うようにもちもちしていてなかなか美味しい。今朝も、炊飯器に保温していた残りを食べた。いつもは、納豆をぶっかけてしまうのだが、それだとなんだか味が分からないような気がして、味付けのりで食べてみた。確かに、おにぎりにすればいいようだ。今日の昼も、炊きたてにレトルト・カレーをかけて食べたが美味しさは変わらない。コシヒカリにブレンドして食べるのがいいかもしれない。
 夕方、家内が娘との買い物から帰ってきて言うには、昼の米はコシヒカリとのこと。ビールのブラインド・テストのように、ほんとは味の区別はできないのに思いこみなんでしょうか。まあ、コシヒカリとミルキークィーンとは、ほぼ同等の味ですね。家内と娘はミルキークィーンの味は認めるものの、あまりもっちりしたのはお好きじゃなくコシヒカリの方がいいんだそうです。ミルキークィーンはお預けになりそうです。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://n-shuhei.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/1311

トラックバック

» 味つけ海苔の奮闘 from 食いしん坊太郎の一人よがり日記
「味つけ海苔の奮闘」と題し、味つけ海苔と相性の合う物を探しました!ぜひ見に来て下さい。あっ、でも個人的見解ですので、様々意見があろうかと思いますが、ここは... 続きを読む

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)
 MovableType または TypeKey のサインインができない方には、「匿名でコメントする」をクリックください。スパム・コメントを防止するためにコメント入力欄の下のCaptcha:画像で表示されている文字入力をお願いしています。
 できれば、MovableType または TypeKey の登録をしていただければ、Captcha:画像で表示されている文字入力の必要はありません。
MovableType のアカウントの取得は、下のサインインの文字をクリックするとでる画面で「サインイン画面のアカウントがないときはサインアップしてください。」のサインアップをクリックすれば登録画面が表示されます。「ウェブサイトURL」には、http://n-shuhei.net/atelier/ と入力ください。
 また、TypeKey は、 TypeKey サインインをクリックし新規登録ボタンから無料で取得できます。取得された TypeKey で他の多くのブログにコメントができます。)