Top > HP作成> 隠居のお勉強:JavaScript Basic (1)

2008年3月18日

隠居のお勉強:JavaScript Basic (1)

 ブログで少し凝ったことを実現させようとすると Web を構成している言語を少しは理解する必要がある。HTML(HyperText Markup Language), CSS(Cascading Style Sheets)についてはある程度理解できるようになり、自分のサイトへの応用に少しはいじれるようになってきた。

 だが、カスタマイズに多用している JavaScript, Adobe Flash を制御する ActionScript については、ネットや参考書などで公開されている example を真似して作っている。それでは、少し自分向けにいじりたい場合には手も足もでなくなる。
 年寄りの冷や水であるが、基本的なことを学習しようかと思い始めた。学習したことをすぐ忘れてしまうので、自分自身への記録のためにブログ上に学習ノートを作ることにした。ブログとは、その語源からして自分のためようだから。

 教材は、W3Schools の tutorial を使うことにした。英語だが平易に書いてあり、頭の硬くなった老人でもなんとかついていけそうであるが、どこまで理解できるかは自信がない。

 W3Schools の Home 左メニューの BrowserScripting から Learn JavaScript を選択すると JavaScript Tutorial が出てくる。学習の仕方は、[JS Home] → [JS Introduction] とページを繰っていくのだが、ページの上下に [previous] [next] があるので、これに従えばよい。もちろん、記述は example とかお試しページや関連ページへのハイパーリンクが設定されている。これらへリンクした後は、最初の内は元のページに戻って、 [next] ボタンで次のページに進んだ方がよさそうだ。

 Tutorial の [JS Introduction] に、
JavaScript's official name is "ECMAScript".
The standard is developed and maintained by the ECMA organisation.
ECMA-262 is the official JavaScript standard. The standard is based on JavaScript (Netscape) and JScript (Microsoft).
 とある。一方、ActionScript のWikipedia による解説では、
ActionScript(アクションスクリプト)とは、アドビシステムズ社の製品であるFlashに使用されるプログラミング言語である。ECMAScript(ECMA-262)を拡張した物である。
 とある。JavaScript の学習は、ActionScript の学習でもあるのをはじめて分かった。お恥ずかしい話である。

 [JS How to] [JS Where to] までは、いままで曲がりなりに、エキスパート達の JavaScript を使ってきたので理解できる。   [JS Where to] で Using an External JavaScript を実験するために、
// これは、外部JSファイルを使う勉強用です。
document.write("<h1>これは、タグ h1 で書いています。</h1><br />");
document.write("<h2>これは、タグ h2 で書いています。</h2>");
document.write("<p>これは、タグ p で書いています。</p>");
 というような外部JSファイルをテキスト作成ソフト秀丸で作成し、サーバーに xxx_1.js というファイルをFTPソフト(私の場合 FFTP )でアップした。ファイルを作成するとき、エンコードは UTF-8 でなければならない。秀丸は、このような機能が備わっているから便利である。

 なお、このエントリーに記述したHTMLは、次のようなものである。
<script src="http://n-shuhei.net/blog/xxx_1.js"></script>


 この外部JSをこのエントリーで実行してると、結果は次の通りとなる。JavaScript のなかに記述した HTML タグは、そのまま実行される。 直接 HTMLでエントリー編集すればできることであるが、外部JSファイルを使う学習するためである。


 これを第1回とし、今後、W3Schools の順序に従って学習したことを記していきたい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://n-shuhei.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/1435

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)
 MovableType または TypeKey のサインインができない方には、「匿名でコメントする」をクリックください。スパム・コメントを防止するためにコメント入力欄の下のCaptcha:画像で表示されている文字入力をお願いしています。
 できれば、MovableType または TypeKey の登録をしていただければ、Captcha:画像で表示されている文字入力の必要はありません。
MovableType のアカウントの取得は、下のサインインの文字をクリックするとでる画面で「サインイン画面のアカウントがないときはサインアップしてください。」のサインアップをクリックすれば登録画面が表示されます。「ウェブサイトURL」には、http://n-shuhei.net/atelier/ と入力ください。
 また、TypeKey は、 TypeKey サインインをクリックし新規登録ボタンから無料で取得できます。取得された TypeKey で他の多くのブログにコメントができます。)