Top > HP作成> 隠居のお勉強:JavaScript(12) throw

2008年7月27日

隠居のお勉強:JavaScript(12) throw

 MT のバージョンを 3.35 から 4.1 へアップグレードするのにずいぶん時間をとられて、続けていた JavaScript のお勉強がほったからしになっていた。
 過去の JavaSCript のエントリーを見直していると、 4.1 へアップグレードによってリンク切れを起こしていたり、必要なスクリプトがサーバーにアップされていなかったりしていた。それらを修復しながら復習することができた。

 W3School tutorial の続きで、今回は throw の勉強である。
  throw statement によって、例外処理ができる。前回の try....catch と一緒に使うと適切なエラー・メッセージによってプログラムを流すことができる。
 以下の例では、変数x に値を求め、x が 0 より小さかったり、10 より大きかったり、数字以外の文字がインプットされた場合に、それぞれにあったエラーを表示する。
 
<html>
<body>
<script type="text/javascript">
var x=prompt("Enter a number between 0 and 10:","");
try
{ 
if(x>10)
  {
  throw "Err1";
  }
else if(x<0)
  {
  throw "Err2";
  }
else if(isNaN(x))
  {
  throw "Err3";
  }
}
catch(er)
{
if(er=="Err1")
  {
  alert("Error! The value is too high");
  }
if(er=="Err2")
  {
  alert("Error! The value is too low");
  }
if(er=="Err3")
  {
  alert("Error! The value is not a number");
  }
}
</script>
</body>
</html>


 上の例を実行するボタンを作ってみた。Script は外部化し<head> 部で呼び出している。 

 

 ボタンをクリックしたときに、上の js を実行するためには、関数化しておかねばならない。作った関数は以下である。
// throwEx sample
function throwEx()
{
  ・
  ・
(上の青字部分)
  ・
  ・
}


これを<body> で実行するボタン(上のボタン)を置く、HTML は、次のコードである。
<input type="button" onclick="throwEx()" value="throw statement Sample" />


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://n-shuhei.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/1613

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)
 MovableType または TypeKey のサインインができない方には、「匿名でコメントする」をクリックください。スパム・コメントを防止するためにコメント入力欄の下のCaptcha:画像で表示されている文字入力をお願いしています。
 できれば、MovableType または TypeKey の登録をしていただければ、Captcha:画像で表示されている文字入力の必要はありません。
MovableType のアカウントの取得は、下のサインインの文字をクリックするとでる画面で「サインイン画面のアカウントがないときはサインアップしてください。」のサインアップをクリックすれば登録画面が表示されます。「ウェブサイトURL」には、http://n-shuhei.net/atelier/ と入力ください。
 また、TypeKey は、 TypeKey サインインをクリックし新規登録ボタンから無料で取得できます。取得された TypeKey で他の多くのブログにコメントができます。)