2014年10月26日

隠居のスマホ備忘録:山旅ロガーを使う(1) 


 3代の家族でよく山登りをする友人から、山に登るときに非常に有用であるというスマホアプリの山旅ロガーIcon-yamatabi.JPGを教えてもらった。山に登ることは1年に一回もないから、自分にとってはあまり関係のないアプリだと思っていたが、友がWalking の記録もできるというので、試しにインストールしてみた。これが、自分の行動を記録するには、なかなかおもしろそうな奥深いアプリなので、記録に残しておきたいと思う。
 フリー版もあるが、有料版(360円)のGOLDをインストールしたほうが機能が多いようだ。 このアプリを有用に使うためには、国土地理院の1/25000の地図が使える地図ロイドIcon-tizuroid.JPGというアプリ(無料)もインストールておいたほうが良い。

 インストールした山旅ロガーを、一度試したくて、自宅から駅まで歩いた道をトラッキングしてみた。

山旅ロガーの使用法
山旅ロガー初期画面;クリックすると大きな写真になります。 測定モードを設定する;クリックすると大きな写真になります。 測定中画面;クリックすると大きな写真になります。
山旅ロガー初期画面 測定開始ボタンをタップする前に、測定モードを設定する。今回の実験では、徒歩 30m で設定した。 測定開始ボタンをタップするとトラッキングを始める。この画面はすぐに消えるが、測定は続いている。
測定結果一覧画面
測定結果一覧画面;クリックすると大きな写真になります。
グラフの画面;クリックすると大きな写真になります。" 地図ロイドの画面;クリックすると大きな写真になります。
測定結果一覧画面
測定を終了するには、測定終了ボタンをタップする。測定の結果を見るには、測定結果の一覧をタップする。
測定結果の一覧から、該当する結果(59)を選択すると上のようなグラフの画面になる。このグラフは、海抜30mから60mまで上がったことを記録している。自宅から駅までは上り坂である。 左の画面にある地図ロイドアイコンをタップすると上のような地図ロイドの画面になる。歩いた道のトラッキングが表示される。地図ロイドの私的利用法はまだ十分に学習できていないので、追って記録したいと思う。
 

 なお、測定モードは、徒歩ばかりでなく 「 自転車 XX秒 」という設定もできる。これを応用して、自動車での移動が測定できないかを試してみたところ、OK であった。この実験については、別の機会に記録したい。

 このアプリは、測定結果をKMLファイルというXML ファイルの一種をPCに送信することができ、Google Maps API で取り扱うことができるので、地図作成に有用と思える。
 次回は、Google Maps APIへの応用で学習したことを記録したいと思う。 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://n-shuhei.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/3148

トラックバック

» 隠居のスマホ備忘録:山旅ロガーを使う。(2)測定結果を Google Map に表示する from Atelier
 前回、スマホのアプリ山旅ロガーを使う方法について記録した。  このトラッキン... 続きを読む

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)
 MovableType または TypeKey のサインインができない方には、「匿名でコメントする」をクリックください。スパム・コメントを防止するためにコメント入力欄の下のCaptcha:画像で表示されている文字入力をお願いしています。
 できれば、MovableType または TypeKey の登録をしていただければ、Captcha:画像で表示されている文字入力の必要はありません。
MovableType のアカウントの取得は、下のサインインの文字をクリックするとでる画面で「サインイン画面のアカウントがないときはサインアップしてください。」のサインアップをクリックすれば登録画面が表示されます。「ウェブサイトURL」には、http://n-shuhei.net/atelier/ と入力ください。
 また、TypeKey は、 TypeKey サインインをクリックし新規登録ボタンから無料で取得できます。取得された TypeKey で他の多くのブログにコメントができます。)