2007年7月15日

隠居の庭:夏の風物詩

 この時期、にぎやかな鳥の声で朝が目覚める。窓を網戸だけにして寝ているので直接耳に飛び込んでくる。例のローランドのMP3レコーダ Edirol R-1 で音を録った。録った音を SoundEngine で音量調節などをして、前に紹介した ことりのさえずりというサイトで調べてみた。どうやらヒヨドリと思われる。
 7月12日、梅雨の晴れ間がのぞいた。今年初めて蝉が鳴きだした。セミの鳴き声を同定するために、インターネットでサーチするとありました。日本のセミの鳴き声というサイトである。このサイトでで録音し音量調整した鳴き声を調べると、どうやらクマゼミのようだ。最近はアブラゼミは少ないようだ。
クリックすると大きな写真になります ガレージに組み立てた作業台でDIYしていると何種類かのチョウが飛んでくる。見つけるとカメラを取りに屋内にはいるのだが、大抵は間に合わない。ツマグロヒョウモンは、動きが緩慢なのでなんとかキャッチできる。このチョウは、昨秋にも撮っているが、どれぐらいの間 見られるのだろうか。インターネットで調べてみると4月~11月にかけて見られるようだ。食草がスミレ、パンジー、ビオラなどの園芸植物だから、最近は増えているとのことだ。

コメント

ことりのさえずり サイトを運営しておられる Pika さんにさえずりの鳥の名前を教えて欲しいというメールを出したところ以下の返信をいただいた。ありがとうございます。

 私もヒヨドリだと思います。にぎやかですよね。かわいいお顔をしているのだから、もう少しメロディーのあるさえずりをしたら、もっと人気が出るのではとおもうのですが・・・。好きな鳥です。分布が限られているので、日本に鳥見に来る外人さんはヒヨドリを見ると"Oh, Bulbul!"といって喜びます。
 この時期、巣立ちっ子がいっぱい出てきます。いつも使う駅前商店街には毎年ツバメがたくさんやってきます。巣の中に並んでいる様子がとてもかわいらしくて毎回見ているのですが、ひとまわり、ふたまわりとどんどん大きくなり、今にも落ちそうです・・早く巣立って・・・!

ツマグロヒョウモン♀の写真はピントが良く合いいましたね。私はマンション住まいですが、その7階のベランダに置いた鉢植えのスミレにツマグロヒョウモンのメスが産卵し、鉢の縁を生まれた幼虫が歩いていたことがありました。その後どこかに移動して蛹化したようです。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)