Top > NATURE> 蜻蛉池公園のあじさい園

2008年6月26日

蜻蛉池公園のあじさい園

 今が見頃ではないかとの友人の言葉に誘われて、大阪府立蜻蛉池公園にある「あじさい園」にいってみた。岸和田市にあるこの公園へは、車で20分ほどである。
080624_001.jpg 水曜日だし、梅雨の晴れ間でむしむしと暑い。家内には珍しくモズバーガーのドライブスルーで昼食を買っていこうという。きっと割引券があったからだろう。
 駐車料金が 600円は少し高いように思うが、柳生の里も650円で「菖蒲園」に入るのも別にとられた。
 バラはもう時期が遅いが、それでも紅い花を中心に残っていた。来年は5月の盛りにきたいものだ。
080624_002.jpg目的の「あじさい園」への道を間違えて、三脚を担いで「大池」の周りをぐるりと歩いたので大汗をかいた。大きな公園である。
ヤマモモの木でメジロが赤い実を狙っていた。「ウォーリーを探せ」みたいですが。
080624_005.jpgあじさい園の中に植えられているイチョウの幼木の梢にムクドリがとまっていた。この公園には野鳥もけっこう多いようだ。「大池」には、人慣れしたハクチョウやアヒル・カモが泳いでいる。餌をやるせいか、留鳥化しているようだ。
080624_004.jpg 友がいうように、アジサイはちょうど今が見頃だった。よく手入れがしてあり、「オオアマチャ」「プジオーサ」「ガクアジサイ」「アナベル」「ジョウガサキ」「スミダノハナビ」「カシワバアジサイ」「ミナズキ」といったアジサイが満開である。
 「アナベル」という大ぶりの真っ白なアジサイに、ヤマトシジミが羽を休めていた。
 橋下さん、まさかこの公園を閉鎖されることはないですよね。 
080624_007.jpg080624_008.jpg080624_009.jpg080624_010.jpg






 このエントリーで、<table> を使ってみた。写真の位置を説明テキスト文書行数の多少で調整する必要がないので楽である。

泉北近辺私的観光地図に掲載

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://n-shuhei.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/1597

トラックバック

» 野鳥の写真集 from Atelier
 今までに撮りためた野鳥の写真ばかり集めたサムネイル・テーブルを作ってみた。  ... 続きを読む

» 野鳥:堺泉北ニュータウン近辺で撮った写真 from Atelier
泉北ニュータウンの公園などで撮った写真 Revised on Nov. 10t... 続きを読む

» 隠居の公園散歩:アジサイの咲く岸和田蜻蛉池公園 from Atelier
 空模様がすっきりしないが、朝から降っていた雨もやんだので、蜻蛉池公園のアジサ... 続きを読む

コメント

NWです。
WEBLOGにコメントを入れようとしたのですが
上手くいきませんでしたので、メールで送信します。

早速、取材に行ってもらったようですね。
私はこの公園はよく行きます。(15日にも行きました)
デジカメ持ってテクテクと歩き回ります。
でもこんなきれいには撮れません。 
道具も違うし、腕も違うんでね。
今度の土曜日は、天気がよければ、二上山のあじさいを
見に行こうと思っています。

------ メールをコメントに投稿とさせてもらいました n_shuhei ------

>NWさん

コメントありがとうございます。
TypeKey の設定を間違っていたようです。認証機能はさまざまな要素が絡んでいて、設定がややこしくなっています。
いずれ、忘れないように記録しておきたいと思います。

今度は二上山ですか。いろいろと歩き回っておられますね。
二上山は、だいぶ歩かねばなりませんか。

二上山のあじさいもきれいですよ。
でも、明日は天気が悪そうで無理ですかね。
二上山は山登りというほどの距離ではありません。
万葉の森の駐車場(無料)から、雌岳山頂まで、普通ルートを
ゆっくり歩いて、1時間以内で到着します。
私はいつも急坂ルートを30分位で駆け上がります。
(チョットしんどいです)

shuheiさん
ヤマトシジミの写真は秀逸です。まずきちっとピントが合っています。蝶を後ろから撮影して、眼にピントを合わせるのはむつかしいのです。それから背景になっている薄いピンクの紫陽花がとても良いですね。蝶が右寄りにいるのが構図的にもとてもよいと思います。すばらしいと思います。

>yamakoさん

お褒めにあずかりありがとうございます。

写真の善し悪しは、まず良い被写体があるかどうかですね。たまたま、このようなチャンスに恵まれました。デジタルのいいところは、気にせずに何枚も撮れることですので、これは10枚くらいの中から1枚を選んでいます。
また、構図については、Picasa でトリミングしています。
フォーカスをシングルエリアモードにしていますから、私の腕では、瞬時にこのような構図にすることは難しいです。
レンズは、例の18-200VRです。露出モードは、P でオートブラケティングの3枚連写にしています。
数打ちゃ当たる方式です。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)
 MovableType または TypeKey のサインインができない方には、「匿名でコメントする」をクリックください。スパム・コメントを防止するためにコメント入力欄の下のCaptcha:画像で表示されている文字入力をお願いしています。
 できれば、MovableType または TypeKey の登録をしていただければ、Captcha:画像で表示されている文字入力の必要はありません。
MovableType のアカウントの取得は、下のサインインの文字をクリックするとでる画面で「サインイン画面のアカウントがないときはサインアップしてください。」のサインアップをクリックすれば登録画面が表示されます。「ウェブサイトURL」には、http://n-shuhei.net/atelier/ と入力ください。
 また、TypeKey は、 TypeKey サインインをクリックし新規登録ボタンから無料で取得できます。取得された TypeKey で他の多くのブログにコメントができます。)