2015年3月24日

隠居の散策:近つ飛鳥風土記の丘に春を訪ねる


 もう9年も前の 2006年9月に、建築学を学んでいた娘に誘われて、安藤忠雄の初期の作品である「近つ飛鳥博物館」に行った
 3月20日、陽気に誘われて、再度行ってみることにした。この博物館は、「近つ飛鳥風土記の丘」に位置している。この丘には、梅林とか多くの桜が植えられているらしい。暖かくなったので、ひょっとしたら蝶も飛ぶかもしれない。野鳥もいるだろうと期待した。修理に出していたCoolpix P610 も帰ってきたので、いろいろと試したい。

 天気は良いが、平日とあって熟年組がちらほらいるぐらいである。博物館の展示は、いろいろと工夫が凝らしてあって、古代の歴史に興味ある人にはたまらないのだろうが、浅学の身では猫に小判である。
 展示物については、下手な私の写真よりもホームページの展示ページを見ていただきたい。
 30分ほどでひと通り見終わって外に出た。入り口をでると近つ飛鳥風土記の丘への散策路にでる。安藤忠雄基金によって植樹されたという紅・白の梅は満開である。
 桜がたくさん植わっているゾーンもあるが、蕾はうっすらとピンクになっている程度である。
 期待した野鳥は、ウグイスのさえずりを聞いたくらいで、姿を観察することはできなかった。

近つ飛鳥博物館風景

;クリックすると大きな写真になります。 近つ飛鳥博物館正面? 富田林
2015/3/16
博物館の屋根が階段状になっている

Nikon COOLPIX P610
4.3mm (35mm換算:24mm)
絞り優先 1/1000s f6.0 ISO100
露出バイアス なし
;クリックすると大きな写真になります。 近つ飛鳥博物館入り口への通路 富田林
2015/3/16
通路の先にしだれ梅が咲いている

Nikon COOLPIX P610
5.0mm (35mm換算:28mm)
絞り優先 1/400s f6.3 ISO100
露出バイアス なし
;クリックすると大きな写真になります。 風土記の丘への道から近つ飛鳥博物館を見る 富田林
2015/3/16
梅が満開である。

Nikon COOLPIX P610
9.9mm (35mm換算:55mm)
プログラムオート 1/500s f4.0 ISO100
露出バイアス なし
;クリックすると大きな写真になります。 第一展望台への階段 富田林
2015/3/16
階段を見て諦めた。9年前は上ったようだが。

Nikon COOLPIX P610
7.2mm (35mm換算:40mm)
プログラムオート 1/125s f3.8 ISO100
露出バイアス なし
;クリックすると大きな写真になります。 古墳 近つ飛鳥風土記の丘
2015/3/16
いたるところに、このような古墳がある。

Nikon COOLPIX P610
7.2mm (35mm換算:40mm)
プログラムオート 1/250s f3.8 ISO200
露出バイアス なし
D7K_1960.JPG テングチョウ 近つ飛鳥風土記の丘
2015/3/16
今年初めて見る蝶である。

Nikon D7000+∑105mm macrox1.4 telecon
150mm (35mm換算:225mm)
プログラムオート 1/2500s f6.3 ISO400
露出バイアス なし
;クリックすると大きな写真になります。 ノジスミレ 近つ飛鳥風土記の丘
2015/3/16
蝶の横で家内が見つけた。

Nikon D7000+∑105mm macrox1.4 telecon
150mm (35mm換算:225mm)
プログラムオート 1/1250s f7.1 ISO400
露出バイアス なし
;クリックすると大きな写真になります。 ソメイヨシノの蕾 近つ飛鳥風土記の丘
2015/3/16
まもなく咲くのだろうか。

Nikon D7000+∑105mm macrox1.4 telecon
150mm (35mm換算:225mm)
プログラムオート 1/200s f6.3 ISO400
露出バイアス なし
;クリックすると大きな写真になります。 ミツバツツジ?の蕾 近つ飛鳥風土記の丘
2015/3/16
桜より早いと思うのだが。

Nikon D7000+∑105mm macrox1.4 telecon
150mm (35mm換算:225mm)
プログラムオート 1/200s f6.3 ISO400
露出バイアス なし
;クリックすると大きな写真になります。 カマキリの巣 近つ飛鳥風土記の丘
2015/3/16
ツツジの木に。

Nikon D7000+∑105mm macrox1.4 telecon
150mm (35mm換算:225mm)
プログラムオート 1/800s f5.6 ISO400
露出バイアス なし


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://n-shuhei.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/3247

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)
 MovableType または TypeKey のサインインができない方には、「匿名でコメントする」をクリックください。スパム・コメントを防止するためにコメント入力欄の下のCaptcha:画像で表示されている文字入力をお願いしています。
 できれば、MovableType または TypeKey の登録をしていただければ、Captcha:画像で表示されている文字入力の必要はありません。
MovableType のアカウントの取得は、下のサインインの文字をクリックするとでる画面で「サインイン画面のアカウントがないときはサインアップしてください。」のサインアップをクリックすれば登録画面が表示されます。「ウェブサイトURL」には、http://n-shuhei.net/atelier/ と入力ください。
 また、TypeKey は、 TypeKey サインインをクリックし新規登録ボタンから無料で取得できます。取得された TypeKey で他の多くのブログにコメントができます。)